あなたの腸内環境大丈夫?

こんにちは(^^)/

たるみ・小顔ケア専門Gold Palm 那覇店です♪


突然ですが、便秘していませんか?

女性は特に悩んでいる方も多いはず。。。


今日は便秘についてお話ししますね('ω')



そもそも、便意はどのようにして起こるのでしょうか(。´・ω・)? 私たちが食べたものは、胃や小腸で消化され、

水分を多く含むドロドロの液状で大腸に入ります。

そこでゆっくりと水分が吸収されることで固形化し

、次第に便の形になって肛門へ送られます。 この時、便が何日間も腸の中にあると、

便の水分が腸壁に過剰に吸収されてしまうため、便がカチカチの状態になって、

硬く小さい状態になります。

では、便が肛門に到達すると、どのようにして便意が起こるのでしょうか? 腸の動きは、自律神経によって支配されています。

大腸はぜん動運動を起こすことによって、便を体外へ送り出すのですが、

このぜん動運動が始まるきっかけとなるのは、

私たちが何かを食べたり、飲んだりして胃に物が入ったとき。

つまり、私たちが食事をして、胃に物が入ると、

その刺激をきっかけに大腸のぜん動運動が始まるのです。

そして、大腸の中のS字結腸に届いた便は、次に直腸へ送られます。

すると、便が直腸の壁に押し付けられ、その刺激によって、

肛門にある内肛門括約筋が緩みます。 同時に、大脳に「便がきた」というサインが伝わり、

大脳が「便を出しなさい」という指示を出します。

排便する準備ができると、内肛門括約筋の外側にある外肛門括約筋が緩み、排便します。 これが、便意が起こって排便するまでの仕組みです。

解消するにはどうしたら良いのでしょう。

これまでみてきたように、便秘の原因は大腸内のトラブルです。

つまり、大腸の中に食べたもののカスが何日も止まってしまったり、

水分が腸壁に過剰に吸収されて便がカチカチになってしまったり、

大腸そのものの働きが弱まってしまったりすることが原因となって、便秘が起こっているのです。 ということは、逆に考えれば、大腸を健康にすれば便秘は改善できるということになります。

覚えておきたいことは、「腸はリズムを大切にする臓器である」ということ。 よく、「旅行先で便秘になってしまう」という人がいますよね。

それは旅行に出かけると、生活環境や食事の時間、

睡眠の時間帯などが変わってしまい、体内リズムが乱れてしまったことが原因。 つまり、不規則な生活を続けると腸のリズムが乱れ、働きが弱まってしまうのです。

便秘とサヨナラしたいと思ったら、まずは、

食事や就寝、起床の時間を一定にそろえることが必要です。 また、日常的にストレスを感じている人も、自律神経のバランスが乱れやすくなり、

腸の働きが鈍くなってしまうことが多いので注意。 ストレスをためず、心身ともに規則正しい生活を送ることが、便秘解消の第一歩なのです。


ではどのように便秘を解消するのでしょう?


1.運動する

2.お腹を温めたりマッサージをする

3.食物繊維と水分を十分に取る

4.腸内環境を整える食品を摂る


便運動不足が続くと、腹筋が弱まり、便を体外へ押し出す力が不足してしまいます。

便秘を防ぐためにもっとも大切なのは、バランスの良い食生活と適度な運動。


少しずつでいいので試してみてくださいね^^


それでは良い1日を~(^O^)/




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示