こんにちは~^^

GoldPalm那覇店 古宮です♪


先日、研修で埼玉県まで行ってきました☆


移動時間が長くて つ~か~れ~が~www



足もむくんで老廃物も溜まってそう(T_T)

老廃物を楽して取りたい!!!


と思いの方も多いはず!!




そもそも老廃物とは、必要な栄養素が体内で吸収・利用されたあと、

最後に残る不要物のことを指します。

基本的には便や尿、汗と一緒に体の外へ排出されますが、

筋力が低下していたり血液やリンパの流れが悪かったりするとスムーズに排出できず、

体内に溜まってしまいます。

蓄積した老廃物は血管やリンパ管をさらに圧迫してしまうので、

溜まったままだと一向に老廃物が排出されない悪循環を作ってしまうのです。


老廃物の蓄積は健康面にも影響を及ぼし、

たとえば腸内環境の乱れや代謝の低下などを引き起こします。

これらは便秘や肌荒れ、むくみ、手足の冷えなどの原因になることも。

こうした点から、デトックスして老廃物を排出することは、

健康な体をキープするうえで必要なことだといえます。


では、どのようにして老廃物を排出するのでしょう?

老廃物を排出させるには色々ありますが

☆入浴する

☆リンパマッサージ

☆お白湯を飲む

☆汗をかく

☆身体を動かす

などがあります!



上の画像を見てもわかるように老廃物はお顔にも溜まります。

なんとこのポイントは私たちサロンで取り扱っている、

リンパボーラーで施術する場所です!


老廃物を流しながらリフトアップもでき効果も

すぐにみられます!!



目をつぶって、30分後の私に驚きます☆

是非一度試してみませんか^^


皆さんこんにちは!!

本日から10月に突入ですっ

今年はコロナ禍で時間がたつのも早いですね(*_*)

もう一度2020年をしたいくらいです(´;ω;`)


さて、昨日のPart1では褐色脂肪細胞の説明と

褐色脂肪細胞は年々減少していくお話をしました。


褐色脂肪細胞が脂肪を燃焼する組織であるなら

褐色脂肪細胞をできるだけ増やして脂肪燃焼を高めるのがダイエットの鍵といえます☝


褐色脂肪はどうやって増やせばいいのか❓

そもそも今の自分にはどれだけの褐色脂肪細胞が残っているのか❓


褐色脂肪細胞があるか、ないか。残念ながら自分で見分けることはできず、

高価な画像診断用の装置を使わない限り難しいのが現状です。


ただし、今の時点でわかっているのが、


・褐色脂肪細胞は歳をとるにつれて年々減少し、

 20歳代で赤ちゃんの頃の60%、40歳代では20%程度になってしまう。

・同じ年代でもやせ型の人には多く、太っている人には少ないということ。

・女性は男性よりも褐色脂肪細胞を再生しやすい。

(※他にも人種差や住んでいる環境によっても差があることがわかっています。)


ということです🌼


❓ではどうやって褐色脂肪細胞を増やせばいいのか❓

増やす方法をいくつかご紹介していきたいと思います。


⭐寒冷刺激を与える、寒さを利用する

→寒冷刺激を与えることによって褐色脂肪細胞を活性化させます。

  ですがこの方法はかなり寒いな、という刺激でないと効かないので

  なかなか難しいところです。。。


⭐植物ポリフェノールをとる

→例えば、お茶の中に入っている茶カテキンや茶フロサイドは消化管での

  温度需要帯の仲間を刺激してその情報が脳に伝わり、

  交感神経を活性化して褐色脂肪細胞を増やしたりします。


⭐運動をする

→褐色脂肪細胞の仲間、ベージュ脂肪細胞が温度需要帯の刺激だけでなく

 運動によっても活性化される、といわれています。


一番「運動をする」というのが手っ取り早そうですねっ!


昨日のPart1でもお話しした通り、

褐色脂肪細胞が多く存在する位置は、

肩、鎖骨、腰、背中部分、わきの下になります。


当サロンのBodyコースでは、

微弱電流の通った魔法のグローブ✨で↑の箇所に施術していきます。


とっても理にかなっていますよね😊

褐色脂肪細胞を多く存在する位置の赤筋にアプローチし、

褐色脂肪細胞を増やしつつ、脂肪燃焼しながら筋トレができるというわけです👀


とにもかくにも.....

百聞は一見にしかず、ということで

まずは体感してみて下さい💖

きっとお客様が満足する事間違いなしですっ


お問合せお待ちしております😊







皆さまこんにちは😊

いかがお過ごしですか??

最近は涼しい日が続き沖縄には秋がきているようです🍂

(まあお昼はまだまだ日差しが強いですが。。。笑💦)


さてタイトルにある 『褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)』 ですが

皆さんご存じでしょうか?

近年はダイエットブーム、フィットネスブームですので

耳にしたことがある方は多いのでは😊?


皆さんが「脂肪」ときいてまず思い浮かべるのはお肉の霜降り、

三枚肉の脂身のような脂肪を思い浮かべるのではないでしょうか❓

実は脂肪は主に以下の3つの脂肪細胞から構成されています✍


【白色脂肪細胞】

→先ほど上のお話にもあった文字通り白い色をした脂です。

 脂肪をエネルギーとして蓄える、脂の貯蔵庫のようなもの。


【褐色脂肪細胞】

→見た目が褐色の脂。脂肪を分解して熱にする脂の燃焼組織


【ベージュ脂肪細胞】

→白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の中間にあたるもの。

 ベージュ脂肪細胞も体脂肪を燃やす働きがありますが、しばしば混同されることが多いので

 ヒトの場合はわかりやすいようにまとめて「褐色脂肪細胞」と呼ばれることが多い。


ですので、脂肪を分解して熱にする褐色脂肪細胞を増やすことで、

効率よくダイエットすることができます✌


基本的に、褐色脂肪細胞が存在する位置は以下になります↓↓



実はこれ全部、当サロンでのBodyコースで施術する部位になります🍀(※首以外)


褐色脂肪細胞の多い位置に施術、刺激し、脂肪燃焼効果を得ながら

引き締めていくのが当サロンの特徴になります☆


ですが、褐色脂肪細胞は新生児には多く存在していますが

大人になるにつれて減少していきます。。。

それは、、、、


赤ちゃんが生れ落ちるときは、お母さんの体内、体温37度で包まれた中から、

いきなり20度くらいの気温環境に出てくることになります。

その時に自分の体温が急激に下がらないように、

褐色脂肪細胞で白色脂肪細胞の脂を燃やして熱を出します。

褐色脂肪細胞が体の中でヒーターのような役割を果たします。


しかし成長するにつれて他の体温調節仕組みが発達していくので、

褐色脂肪細胞の役割が少なくなり、

なんと20代でも新生児の6割ぐらいになってしまします。。。。(´;ω;`)


とはいっても、減り方には個人差があるので、

なくなるのが早い人、比較的ずっと維持している人等人それぞれですが、

、、、

褐色脂肪細胞は適当な手段さえあれば減少が抑えることもできるし、

一旦亡くなったものでも増やすことができるんです💪✨



ではどうやって褐色脂肪細胞を増やすことができるのか。。。。



そのお話はまた次回に致しますね😉


さて本日で9月が終了ですねっ

今年も残すところあと3ヶ月💖

理想の自分をめざして日々磨いていきましょう♪





Staff Blog

C0B05726-9C0C-4A7E-B574-E3CA5093EA2E.png

沖縄初上陸!たるみケア専門エステサロン

Gold Palm NAHA

  • Facebook
  • Instagram

    〒900-0016

    ​沖縄県那覇市前島3丁目25-2 泊ポートビル3F

    © 2020 by Gold Palm OKINAWA naha . All Rights Reserved .