皆さんこんにちは!!

Gold Palm那覇店です😊


さて、本日のテーマは「ターンオーバー」です😊

ターンオーバーときいて何となくは理解しているけど

詳しくはわからない(´;ω;`)という方も多いのではないでしょうか❓


ターンオーバーとは

肌の生まれ変わり、お肌の新陳代謝のことです。


古い細胞が新しい細胞に押されて皮膚の表面にまで上がり、

最終的に自然にはがれ落ちるサイクルのことです。




ターンオーバーの速度は体の場所によって違いますが、

皆様が一番気になるのは何といってもお顔ですよね(`・ω・´)


個人差はありますが、一般的に健康的な周期は28日といわれています。

通常は年齢+5日とされていますっ


傷が治りにくい、シミが増えた、肌がくすむ…など、

歳を重ねると悩みが増えますが、

これは年齢とともにターンオーバーが低下することも原因とされています。


ターンオーバーが遅いからといって間違ったケアをしていると、

新陳代謝を無理に早めてしまいます。そうするとターンオーバーが早くなってしまうのですが

ターンオーバーが早くなると、未発達の細胞が肌表面に上がってくるので、

バリア機能が低下し、ゴワつきや乾燥などの肌トラブルの原因に(´;ω;`)

過度な洗顔やピーリングなど角質ケアのやり過ぎはNGなんです。。。


遅すぎず、早すぎず、適度なターンオーバーの周期を目指すことが重要ですねっ😊


本日はターンオーバーを妨げるダメ習慣をご紹介🙅


1.食生活の乱れ

 偏食や暴飲暴食、極端なダイエットはやめて、バランスのよい食生活を送ることが大切です。

 また、お酒の飲み過ぎは体内の水分が大量に失われ、

 ビタミンB群を大量に消費するので、ほどほどにしましょう☝


2.睡眠不足&ストレス

 ターンオーバーは睡眠中に活性化します。

 眠りについてから3~4時間後にノンレム睡眠で熟睡、

 特に新陳代謝が活性化される夜10:00~2:00に眠れていることが重要です。

 また、ストレスは血行が悪くなり、ターンオーバーや良質な睡眠に悪影響を与えます。


3.喫煙

 タバコを吸うと血行が悪くなり、ビタミンCが破壊されます。

 言わずもがな、喫煙は美容の大敵ですっ


4.間違ったスキンケア

 肌がゴワゴワしたりベタつくからといって洗顔し過ぎると必要な角質も洗い流してしまい、

 ターンオーバーを早めてしまいます。

 また、熱いお湯での洗顔も厳禁です。


以上のことに少し気を付けるだけで肌は絶対に変わるはず✨


また、2に血行が悪くなるとターンオーバーに悪影響を与える、とありますが、

皮下組織の毛細血管はじつは年々細くなっているんです。。。

これがターンオーバーを遅らせる原因にもなります(´;ω;`)

当サロンのリンパボーラーフェイシャルコースでは

お顔に電気を流すことで

血流を良くし、毛細血管を整えてくれる効果もあります(^▽^)/

リンパボーラー優秀👏


ダメ習慣と毛細血管を整えて

みんなで綺麗な肌作りをしていきましょう✨

最終更新: 1日前



さて「油」なのですが、

よく、肌を保湿する目的で

油分の入った保湿クリームなどで肌をケアしていませんか?

また、お化粧品、化粧水、パックには保湿する目的で

成分表示に油が入っているものがほとんど。。。。


日本で作られているお化粧品の98%は油が使われています!!


ですが。。。この「油」が

肌にあまりよくないんです😞

本日は油を肌に使うことで起きるデメリットを紹介していきます。



①シミの原因になる。

油=酸化してしまいます。。

酸化すると。。。過酸化脂質へと変化します。

過酸化脂質は老化の原因となる活性酸素を発生させるだけでなく、

シミの原因となるメラニン色素の過剰生成をも引き起こします。

皮膚が便秘状態になり、メラニンが排出できなく、

シミの原因になってしまうのです。。。(´;ω;`)


②肌の水分が失われる

実は美容業界では、、

【洗顔フォームの使い始めが老化の始まり】

といわれています。

洗顔フォームには大量の脂が入っており、

油とその他の成分を結びつける結合物質として

「界面活性剤」というものが使われています。

この界面活性剤が厄介なもので(´;ω;`)

肌の中には約70%の水分が含まれているといわれておりますが、

この水分の中には「セラミド」がたくさん含まれています。

セラミドとは肌の水分を守って保つ、角層の細胞間脂質のことです。

肌をみずみずしく潤いを保つにはこのセラミドが不可欠なのですが、

界面活性剤がこのセラミドを破壊してしまうのです。。。。

そこから乾燥が始まり、、肌の潤いが失われていしまいます。。


③ニキビができやすくなる

これはもう皆さんご存じだと思いますが、

ニキビのもととなる「アクネ菌」

アクネ菌は油を食べています。

一般的にはアクネ菌はホルモンの影響や化粧品の影響で増えるといわれています。

油をやめるとアクネ菌の食べ物がなくなっていくので

自然とニキビが減っていくといえます。

ただし、ホルモンバランスの乱れ(思春期や生理前など)による

肌荒れは化粧品ではなかなか改善することが難しいです。。。



以上が油を使用した時のデメリットになります(´;ω;`)

なるべく油を使わずにケアすることで

ニキビをつくらない

シミをつくらない

乾燥のない潤い肌へ!!!


最後に油を一切使っていない当サロンでとりあつかっているお化粧品をご紹介させてください♪



 

3R化粧品シリーズ♪


3つのリセットが叶う化粧品シリーズとなっておりますっ

1.油分を与えない

2.界面活性剤を与えない

3.余分な栄養を与えない


油や界面活性剤、抗炎症成分が一切使われていない、

肌にとっても優しい化粧品シリーズでございます(^▽^)/


みんなで油を断ち切って

つるピカつやつや肌を目指しましょうっ✨

今日はシミについてお話しますね★


シミには種類がありますが、

シミができる主な原因は紫外線です。

長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け(光老化)、

皮膚細胞の再生能力が低下、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまいます。

またたばこやストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やします。

この活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンの過剰産生を起こしやすくします。



シミの主な原因として

・紫外線

・女性ホルモンの変化

・加齢

・喫煙

・間違ったお肌ケア

などがあげられます。


シミは、一度できるとなかなか消えません!

そのため、ふだんのお手入れでシミを予防することが最も大切!

次のようなケアを習慣づければ、シミができにくくなります!


☆日焼け止めをしっかり塗る

日焼け止めは、SPFとPAの値に注目して、シーンにあわせて選ぶことがポイント!

日常使いでは、SPF20~30、PA++~+++、

真夏のスポーツやレジャーでは、SPF30~50、PA+++~++++のものがおすすめ☆


☆基本のスキンケアを怠らない

化粧水や乳液、クリームでしっかり保湿ケアをしましょう♪


☆正しい生活習慣で肌をトーンアップ

良質な睡眠、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動、喫煙や飲酒を控える、ストレス解消などを心がけると◎。



シミ対策は今日からはじめましょ(^_-)

Staff Blog

C0B05726-9C0C-4A7E-B574-E3CA5093EA2E.png

沖縄初上陸!たるみケア専門エステサロン

Gold Palm NAHA

  • Facebook
  • Instagram

    〒900-0016

    ​沖縄県那覇市前島3丁目25-2 泊ポートビル3F

    © 2020 by Gold Palm OKINAWA naha . All Rights Reserved .